数学キャラバン

JST数学キャラバンは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が全国各地で開催しており、第20回は中部大学が会場となりました。主に高校生を対象として創発学術院の教員を中心に数学の面白さや楽しさを実感するような講演をしました。

第20回参加者数

高校生 62名
一般 7名
学外教員、研究者 13名
中部大学 大学生 6名
中部大学 教職員 29名
計 117名

これまでの数学キャラバン

第20回 JST数学キャラバン 拡がりゆく数学 in 春日井

日時:2017年7月1日(土) 13:40~17:50
場所:愛知県春日井市松本町1200 中部大学 22号館1階 2215講義室
対象:高校生および一般(内容は高校生向け)
13:10~13:40 受付
13:40~13:50 開会、挨拶
13:50~14:40 長山 雅晴(北海道大学電子科学研究所教授・JST CREST)
「漸化式を使って数理モデルを作ろう!」
14:50~15:40 荒井 迅(中部大学創発学術院教授)
「解けない問題の数学」
15:50~16:40 津田 一郎(中部大学創発学術院教授)
「非整数次元―測ることを根本から考え直してみよう!」
16:50~17:20 講話:
森 重文(京都大学高等研究院特別教授・中部大学創発学術院特別招聘教授)
山口 佳三(北海道大学名誉教授・中部大学創発学術院 客員教授)
17:20~17:50 講演者との懇談会
17:50      閉会

主  催  中部大学創発学術院
共  催  国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)



※クリックで拡大します

161617181919

PAGE TOP