新着情報

【案内】講演「Comparative language and cognition primates-equid」(松沢哲郎特別招聘教授、First international scientific Horse meeting )
【案内】YouTube「The Cognitive Tradeoff Hypothesis (記憶と言語のトレードオフ仮説)S3(Ep 1) 」(松沢哲郎特別招聘教授)
【案内】絵画展「Arts and Apes – 芸術とは何か。人間とは何か。」(12月11日-21日、京都造形芸術大学)
【案内】「霊長類図鑑 サルを知ることはヒトを知ること」発刊
【報告】飯吉厚夫院長(中部大学理事長・総長)、ロシア科学アカデミーより名誉博士号を授与
【報告】森重文特別招聘教授が第50回東海テレビ文化賞を受賞
【成果報告】Gorongosa and Sasagamine: intra-species behavioral variation in baboons and Japanese monkeys(松沢哲郎特別招聘教授)
【成果報告】Phenotypic and genotypic analyses of antimicrobial resistant bacteria in livestock in Uganda(牛田一成教授、土田さやか特定講師)
【案内】特集:「科学」11月号「分かちあう心の進化」(松沢哲郎特別招聘教授)
【報告】山本尚教授が文化功労者として顕彰されました
【成果報告】珍しい双子のサルを発見、しかも父親は別(豊田有研究員)
【案内】講演会「テングザル~破壊される熱帯雨林の現状~」(講師:松田一希准教授、会場:札幌大谷中学校、日時:2018年10月13日13:00-15:00)
【案内】公開講演会「サルを追ってジャングルへ:テングザル研究最前線」(講師:松田一希准教授、中部大学・公益財団法人日比科学技術振興財団主催、日時:2018年10月31日3:30-6:30)
【成果報告】ゴリラの生存能力、動物園飼育より野生が勝ることを発見 ─野生型腸内菌移植で絶滅危惧動物の野生への復帰に期待─ (土田さやか特定講師、牛田一成教授)
【成果報告】Characteristics of Gorilla-Specific Lactobacillus Isolated from Captive and Wild Gorillas(土田さやか特定講師、牛田一成教授)
【案内】一般公開シンポジウム「動物園動物の比較栄養学と比較細菌学」(講師:牛田一成教授、日時:2018年9月10日9:30-12:30)
【案内】 ブータンを訪ねて:“幸福”を考える(講師:松林公蔵先生、会場:京都大学)
【成果報告】 テングザルの太鼓腹に共生する細菌叢を初解明(松田一希准教授)
【案内】 [山岳地域が生み出す信州の生物多様性(講師:松林公蔵先生、会場:京都大学)
【案内】 第10回創発セミナー 9月20日(木)15:30~17:00
【成果報告】Behaviour of nonhuman primate mothers toward their dead infants: uncovering mechanisms(松沢哲郎特別招聘教授)
【成果報告】Cecal Microbiome Analyses on Wild Japanese Rock Ptarmigans (Lagopus muta japonica) Reveals High Level of Coexistence of Lactic Acid Bacteria and Lactate-Utilizing Bacteria(牛田一成教授、土田さやか特定講師)
【寄稿】「今からのAI」ウェブジャーナルRad-it21(津田一郎教授)
【報告】2018年日本野生動物医学会論文賞受賞決定(土田さやか特定講師、牛田一成教授)
【報道】ライチョウ寄生原虫に病原性 研究者グループ分析(牛田一成教授)
【成果報告】Primatology: the beginning(松沢哲郎特別招聘教授)
【報告】第27回JST数学キャラバン「拡がりゆく数学 in 春日井」(主催:創発学術院)
【案内】京都大学高等研究院シンポジウム「科学の世界を、語り合おう。」KYOTO Science Session 2018 (後援:創発学術院)
【レポート】シンギュラリティサロン 第 29 回公開講演会「創発インタラクション:ダイナミクスが生み出す知の可能性」(津田一郎教授)
【発表資料掲載】第22回全脳アーキテクチャ勉強会「創発インタラクションの意義:機能分化に対する変分原理と数理モデル」(津田一郎教授)
【案内】第22回全脳アーキテクチャ勉強会「創発インタラクションの意義:機能分化に対する変分原理と数理モデル」(津田一郎教授)
【報告】創発学術院2017年度年報発行
【案内】日本霊長類学会公開シンポジウム「最新テクノロジーが繋ぐ霊長類のゲノム、発生、生態、そして進化」2018年7月15日(日)(松田一希准教授)
【報告】JSTニュース2018年6月号「心を数学で解き明かし 人工知能との共生社会をつくる」CREST研究紹介(津田一郎教授、松田一希准教授)
【案内】学問喫茶「ヘビはなぜコワイ?」7月18日(水)18:30~(川合伸幸客員准教授)
【研究成果報告】Hot-spring bathing of wild monkeys in Shiga-Heights: origin and propagation of a cultural behavior (松沢哲郎特別招聘教授)
【出版】書籍「分かちあう心の進化」(松沢哲郎特別招聘教授)
【案内】国際数学者会議開催
【案内】 第9回創発セミナー 6月18日(月)15:30~17:30
【案内】農芸化学会 サイエンスカフェ in 名古屋(講師:牛田一成教授)
【研究成果報告】数学で脳の連想記憶機構の一端が明らかに ─日本人による30年以上前の数理モデルを証明─ (津田一郎教授)
【案内】 NHK番組「 超体感!エクストリーム・ミッション」出演(牛田一成教授)
【案内】 「生物学者、地球を行く」が刊行されました
【報告】 Chimpanzee Velu: the wild chimpanzee who passed away at theestimated age of 58 (松沢哲郎コーディネーター)
【案内】 第8回創発セミナー 3月7日(水)15:30~17:30
【研究成果報告】 「大きな鼻が男前?なぜテングザルの鼻は長いのか」(松田一希准教授)
【案内】 松田一希准教授が朝日新聞で紹介されました
新年のご挨拶
【案内】 第7回創発セミナー 1月24日(水)15:30~17:00
【報告】 「野生ライチョウの腸内細菌による解毒」(牛田一成教授)
【案内】 「世界で一番美しいサルの図鑑」が刊行されました
【研究成果報告】 「Parabolic flight: experiencing zero gravity to envisage the future of human evolution」(松沢哲郎コーディネーター)
CREST研究員募集
【研究成果報告】 「チンパンジーが協力して課題解決:2人で数字を順番に答える 」(松沢哲郎コーディネーター)
【報告】 パラボリックフライト(10/28、京都大学)
【案内】 PWS Asura International Seminar 開催のお知らせ
【報告】 JST CREST研究課題採択(研究代表者:津田一郎)
【案内】 SAGA20開催のお知らせ
【案内】 松沢哲郎コーディネーター NHKラジオ出演「心の進化をさぐる-はじめての霊長類学-」
【研究成果報告】 チンパンジーがじゃんけんを学習:循環関係を理解する能力を備える(松沢哲郎コーディネーター)
【案内】 第6回創発セミナー 2017年9月21日(木) 15:30~17:30
【案内:京都大学高等研究院】 パラボリックフライト学生搭乗者募集(8月11日締切)
【報告】 第1回学長コロキウム 2017年7月26日
【公開】 京都大学霊長類研究所、日本モンキーセンター研修報告書
第20回 JST数学キャラバン 拡がりゆく数学 in 春日井

論文

  • Matsuda I, Abram NK, Stark DJ, Sha JCM, Ancrenaz M, Goossens B, Lackman I, Tuuga A, Kubo T (in press) Population dynamics of the proboscis monkey Nasalis larvatus in the Lower Kinabatangan, Sabah, Borneo, Malaysia. Oryx
    関連ブログ

  • Tsuchida S, Kakooza S, Nguema PPM, Wampande EM and Ushida K (2018) Characteristics of Gorilla-Specific Lactobacillus Isolated from Captive and Wild Gorillas, Microorganisms 6(3), 86; https://doi.org/10.3390/microorganisms6030086

  • Okubo T, Yossapol, M, Maruyama, F, Wampande, EM, Kakooza, S, Ohya K, Tsuchida S, Asai T, Kabasa, JD, Ushida, K. (2018) Phenotypic and genotypic analyses of antimicrobial resistant bacteria in livestock in Uganda, Transboundary and Emerging Diseases; doi.org/10.1111/tbed.13024

  • Ueda A, Kobayashi A, Tsuchida S, Yamada T, Murata K, Nakamura H, Ushida K. (2018) Cecal Microbiome Analyses on Wild Japanese Rock Ptarmigans (Lagopus muta japonica) Reveals High Level of Coexistence of Lactic Acid Bacteria and Lactate-Utilizing Bacteria, Microorganisms, 6, 77; doi:10.3390/microorganisms6030077

  • Hayakawa T, Nathan S, Stark DJ, Saldivar DAR, Sipangkui R, Goossens B, Tuuga A, Clauss M, Sawada A, Fukuda S, Imai H, Matsuda I (in press) First report of foregut microbial community in proboscis monkeys: Are diverse forests a reservoir for diverse microbiomes?Environ Microbiol Rep.

  • Matsubayashi M, Tsuchida S, Ushida K, Murata K. (2018). Surveillance of Eimeria species in wild Japanese rock ptarmigans, Lagopus muta japonica, and insight into parasitic seasonal life cycle at timberline regions of the Japanese Alps. IJP: Parasites and Wildlife 7: 134-140.
    doi.org/10.1016/j.ijppaw.2018.03.004
    野生ニホンライチョウの腸管寄生性の原虫の分布域と周年変化

  • Matsubayashi M, Tsuchida S, Kobayashi A, Shibahara T, Nakamura H, Murata K, Ushida K. (2018). Molecular identification of two Eimeria species, E. uekii and E. raichoi as type B, in wild Japanese rock ptarmigans, Lagopus muta japonica. IJP: Parasites and Wildlife 7: in press. doi.org/10.1016/j.ijppaw.2018.06.005
    新種のライチョウ特異的腸管寄生性原虫の種記載と病原性

  • Ruslin F, Azmi MA, Matsuda I, Amir R, Md-Zain BM (2017) Monkey school : training phases for coconut-picking macaques (Macaca nemestrina). Malaysian Nature Journal 69:301-306

  • Koda H, Tuuga A, Goossens B, Murai T, Nathan SKSS, Stark DJ, Ramirez Saldivar DA, Sha JCM, Osman I, Sipangkui R, Seino S, Matsuda I. 2018. Nasalization by Nasalis larvatus: larger noses audiovisually advertise conspecifics in proboscis monkeys. Science Advances, 4, eaaq0250

    advances.sciencemag.org/content/4/2/eaaq0250

  • Matsuda, I., Bernard, H., Tuuga, A., Nathan, S. K. S. S., Sha, J. C. M., Osman, I., Sipangkui, R., Seino, S., Asano, S., Wong, A., Kreuzer, M., Ramirez Saldivar, D. A., & Clauss, M. (2018). Fecal Nutrients Suggest Diets of Higher Fiber Levels in Free-Ranging than in Captive Proboscis Monkeys (Nasalis larvatus). Frontiers in Veterinary Science, 4.

    www.frontiersin.org/articles/10.3389/fvets.2017.00246/full

  • Chapman CA, Bortolamiol S, Matsuda I, Omeja PA, Paim FP, Reyna-Hurtado R, Sengupta R, Valenta K (2017) Primate population dynamics: variation in abundance over space and time. Biodiversity and Conservation.

  • Matsuda I, Chapman CA, Physilia CYS, Sha JCM, Clauss M (2017) Primate resting postures: constraints by foregut fermentation? Physiol & Biochem Zool 90: 383-391

  • Matsuda I, Clauss M, Tuuga A, Sugau J, Hanya G, Yumoto T, Bernard H, Hummel J (2017) Factors Affecting Leaf Selection by Foregut-fermenting Proboscis Monkeys: New Insight from in vitro Digestibility and Toughness of Leaves. Scientific Reports 7:42774.

  • Bernard H, Matsuda I, Hanya G, Phua M-H, Oram F, Ahmad AH (2016) Species Richness and Distribution of Primates in Disturbed and Converted Forest Landscapes in Northern Borneo. Tropical Conservation Science 9.

  • Matsuda I, Otani Y, Bernard H, Wong A, Tuuga A (2016) Primate Survey in a Bornean Flooded Forest: Evaluation of Best Approach and Best Timing. Mammal Study 41:101-106.

  • Inoue E, Ogata M, Seino S, Matsuda I (2016) Sex Identification and Efficient Microsatellite Genotyping Using Fecal DNA in Proboscis Monkeys (Nasalis larvatus). Mammal Study 41:141-148.

  • Matsuda I (2016) Reproducibility of field science in non-human primates. Japanese Psychological Review 59:114-117

これまでの活動

PAGE TOP